入社式社長挨拶    

 

ワールドスポーツコミュニティ株式会社(社長:衞藤 未来人、本社:愛知県名古屋市)は、4月1日付で4名の新入社員を迎えました。入社式における社長 衞藤 未来人の挨拶を下記のとおりお知らせします。
 

 

 

おはようございます。

新たにチームに加わる事になった4名のみなさん、入社おめでとうございます。

 

私たちは今日本で唯一の海外スポーツサービス専門会社としての確固たる地位を築きあげる事へチャレンジをしている真っ最中です。

その中に、この4名が新たなチームメイトとして加わった事に我々は本当に感謝しています。

 

そして、小さいながらも、このような入社式を創業以来初めてさせていただきました。

みなさんの門出を祝うと同時に、いち早くチームに溶け込み、実力を遺憾なく発揮してもらいたいという願いからです。

この日を境に、みなさんは新たなフィールドで夢に向かってチャレンジしていく事になります。いつまでもこの瞬間を忘れず、共に頑張りましょう。

 

今日私からみなさんに伝えたい事は3つあります。

 

1.海外スポーツサービス専門会社としての自覚と誇りを持つこと

 

みなさんが入社したこの会社は、創業当時はチケットサービスよりもエントリーサポート中心で作られた会社でした。

それが今となっては6つの事業部で海外スポーツサービスを提供しています。

これが日本で唯一の海外スポーツサービス専門と言われる所以であります。

 

さらには、スポーツサービスという事で、サービス業の精神にはトコトンこだわってやっています。

サービス業とは、お申込みいただく際に、対応したサービスの質で対価を頂く事であります。

我々が扱っている観戦チケットやその他の商品はサービスを提供する為のツールにすぎません。

 

したがって、私たちの会社(利益)は、どれだけ良いサービスをしたかの積み上げで会社が存在している事になります。

よくサービス業はお客様第一と言われますが、みなさんにはそこからもう一歩踏み出して、”お客様と共に感動を分かち合えるサービス”を提供してもらいたいと思っています。

 

2.チームワークは重要性を理解すること

 

私たちの会社は、6つの事業があると説明しました。

しかしながら、部署ごとに仕事を分断しているわけではありません。

すべての事業が緻密にリンクしており、それを分断して効率をあげるのではなく、全員が全事業に関わりチャレンジしていく事で効率をあげています。

 

人にはそれぞれ得意不得意があります。すべてを完璧にこなせる人間はいません。

だからこそ、まずはこの会社で自分の得意とする分野を見つける事。それから仲間の力を借りながら苦手な分野を克服してもらいたいと思っています。

 

3.飽くなきチャレンジ精神を持つこと。

 

この会社は、自由にチャレンジできる環境が整っています。自らが新しいサービスを作りたい!こんなことがしたい!どんどんチャレンジしてください。

自らが挑戦したいという想いは必ず周りの人を巻き込み実現させることができるでしょう。

 

 

今お伝えした3つの事をいつまでも忘れずに、日々努力してほしいと思っています。

皆さんの可能性が無限大にある事と同じように、この会社も無限の可能性を秘めています。その可能性を追い求めて、ここにいる全員で一緒にチャレンジしていきましょう。

Copyright (C) 2008 World Sports Community, Inc. All Rights Reserved.

  • Instagram
  • Facebook
  • twitter